「侍士の会」の焼酎

準備期間に実に6年もの歳月を費やし、2000年3月にようやくデビューした芋焼酎「侍士の門」 を販売する全国の酒販店グループが「日本・侍士の会」です。

その「侍士の門」は原料である芋、米、水の全てを地元産にこだわり、生産本数は初年度の1200本から今や30,000本を超える人気焼酎となりました。

「侍士の門」以外にも商品ラインナップはいくつかありますが、弊店では「甕御前」(阿久根市・大石酒造)と「桐野」(指宿市・中俣酒造) の2銘柄を取り扱っております。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7