早川酒造/三重県 【田光(たびか)】

三重県の隠れた銘酒として知られる「#田光 」の早川酒造は1914年(大正3年)の創業。
県北西部の菰野(こもの)と呼ばれる地に位置し、滋賀県との県境に聳える雄大な鈴鹿山脈の霊峰・釈迦ヶ岳から湧き出る清涼な雪解け水を仕込み水に使用しています。

杜氏を務めるのは専務の早川俊人氏。
東京農大(短期)醸造学部を卒業後、「上喜元」で知られる山形県の酒田酒造(株)の社長兼杜氏である佐藤正一氏に師事し、主に高温糖化酒母についてみっちり指導を受け、2008年に蔵に戻りました。
『米は手で洗い、酒は袋で搾る』をモットーに、造りは家族3人だけの手作り作業で造られる為、年間生産本数は約300石(=一升瓶換算で30,000本)足らずという超小規模蔵ですが、全ての造りを総米700キロまでの小仕込み行なうという、小規模蔵の良さを生かした酒造りを行なっております。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14