風の森 ALPHA type-5 ver-3.5 貴譲酒仕込み 無濾過・無加水・生酒 720ml

風の森 ALPHA type-5 ver-3.5 貴譲酒仕込み 無濾過・無加水・生酒 720ml

販売価格: 1,500円(税別)

(税込価格: 1,620円)

数量:
「風の森」ALPHAシリーズ第5弾の登場、タイトルは「燗SAKEの探求」。
仕込水の代わりに9年貯蔵の古酒を使用するという貴譲酒仕込みで、常温から熱燗まで幅広い温度帯でお愉しみ頂けますが、「酒の神田屋」店主のお奨めの温度帯は45度〜55度。
また、燗冷ましも一層甘みが増して美味しいです。

以下、蔵元より詳細な案内を頂いておりますので、原文のまま掲載しておきます。

【蔵元より(1)】
日本酒の品質の多様性、楽しみ方の多様性は、これから世界中で日本酒を楽しんで頂く為に同時に伝えていきたい大切な要素です。
日本酒はいろいろな形の器で楽しんだり、様々な温度帯で飲んでみる事で、そのお酒の持つ特徴を一層引出したり、柔らかく包み込んだり、まるで元のお酒とは違うのではないかと思ってしまうような変幻自在な楽しい変化を見せます。
今回の「type-5」では世界中の方々に気軽に温めた日本酒を楽しんで頂ける様に、との思いを込めて、温度の変化による味わいの変化というところに着目し、「風の森」として取り組める燗酒は何かという事を考えました。
お米由来の優しい味わい、様々な微生物が関与する事で表現できる複雑性や豊かな香り、時間を経たお酒のみが持つ奥ゆかしさ、それでいて「風の森」らしさを感じさせる特徴。
これらの要素がまるでミルフィーユの様に折り重なる様な酒質であれば、それをさらに温める事で口の中でゆらりゆらりとほどけて楽しく、さらに口に含みたくなるような感覚になるのではないか?というようなイメージで設計致しました。

【蔵元より(2)】
技術的なキーワードは2つです。

1.天然乳酸発酵の利用
天然乳酸発酵の工程を酒母のプロセスに用いる事で、乳酸菌の紡ぎだす酸とアミノ酸が、酒質に複雑味と幅を与えます。

2.貴醸酒仕込み
仕込水の代わりに部分的に日本酒を用いる事で、自然な甘みを演出し、立体感を与えます。
しかも9年古酒という年月を重ねた日本酒を用いますので、積層状に重なる奥行きを表現する事が可能になります。
燗酒として専用設計された「type-5」は、温めることで一層美味しくお召し上がり頂けるよう設計致しました。
ボトルには温度を表示するシールを添付してあります。
温める容器(徳利やグラス)に外側からシールを貼付して頂き、湯煎をし、外に出した後で容器に貼ったシールが変色している最中にお飲み頂きますと、その温めた時にのみ現れる個性を存分に味わって頂けます。
シールは35℃前後で変色しますが、燗をつける容器の厚さ等によって中身のお酒との温度差がありますので、あくまで目安とお考え、お楽しみ下さい。
錫(すず)やアルミの器が最適です。
35℃を超える辺りから甘さがおだやかになり、酸が際立ち、締まりが良くなってまいります。
じっくりと楽しみたい方は温度計を確認しながら湯煎にて燗をつけて頂くことをお勧めします。

商品仕様

原料米 (古酒以外)奈良県産・アキツホ100%
精米歩合 (古酒以外)65%
酵母 協会7号
日本酒度 - - - - -
酸 度 - - - - -
アミノ酸度 - - - - -
Alc.度数 16度
仕込み水 20BY醸造の普通酒(9年常温貯蔵)、29BY醸造のALPHA type‐5

Facebookコメント