水尾 しぼりたて 生一本 無濾過・生・原酒 1800ml

水尾 しぼりたて 生一本 無濾過・生・原酒 1800ml

販売価格: 2,800円(税別)

(税込価格: 3,080円)

「水尾」の令和元年BYの新酒第一弾です。
私なりに感じている「水尾」の特徴(=飲み口あっさり、ほのかな潤い感、キュートな酸)が顕著に表れている純米生原酒です。
保管はもちろん冷蔵庫で、そしてお召し上がりになる時は、私が以前より提唱している「掌燗」(お酒を注いだグラスを手で温める)をお奨めします。

商品仕様

原料米 ひとごこち(長野県飯山産)
精米歩合 麹:59% , 掛:70%
Alc.度数 17度
原材料 米、米麹
製造元 (株)田中屋酒造店/長野県飯山市

他の写真

  • 長野県の北端、飯山市の中心部に所在する「#水尾 」の田中屋酒造店。
    冬には2メートルを越える積雪のある豪雪地帯であり、酒造りは雪におおわれた蔵の中で行われます。
    仕込水は20kmほど北へ向かった水尾山の湧水を運搬し、仕込の全量に使用しています。
    雪国・飯山の趣向を良く知る地元の社員や蔵人によって年間約500石(一升瓶換算で50,000本)を生産しています。
  • 【仕込水について】
     
    別掲の通り、仕込水は野沢温泉村「水尾山」の山麓より湧き出る天然水をトラックで運搬して使用しています。
    「水尾」という名には『水の源』という意味があると言われており、その名の通り一年を通して豊富に湧き出る水は、飲んで甘さと透明感を感じる正に銘水です。
    「水尾」の全ての製品がこの水ならではの特長を生かし、香り・味ともに良質で、切れの良い味わいを実現しております。
     
    【原料米について】
     
    原料米は長野県産の酒造好適米を基本的に100%使用し、その内の70%が蔵から5km圏内で栽培されている契約米となっています。
    地域ならではの地酒という意味で、長野県の開発品種である「ひとごこち」「しらかば錦」はもちろん、大吟醸酒等の高級酒には全国的にも稀少品種である「金紋錦」という地元の木島平村産の酒造好適米を使っています。

Facebookコメント