【飲酒は20歳を過ぎてから】 未成年の飲酒は法律で禁じられております

紀土 あがらの生原酒 1800ml

紀土 あがらの生原酒 1800ml

販売価格: 2,600円(税別)

(税込価格: 2,860円)

数量:
関西、特に大阪府南部から和歌山県にかけては自分自身のことを「我が(わが)」と呼称することがあります。
その「我が」を和歌山県では「あが」と言い、複数形が「あがら」です。
 
日本酒「紀土」の醸造元・平和酒造さんの社屋の裏に広がる田んぼでは「山田錦」が栽培されておりまして、毎年の田植えと稲刈りは蔵元・杜氏・蔵人さんはもちろんのこと、契約農家の方々や一般参加の消費者の皆さんが参加する年中行事として定着しています。
その「山田錦」を100%原料に使用したのがこの「あがらの生・原酒」です。

精米歩合80%で醸したこのお酒、抽象的な表現で恐縮ながら、どこか田舎の田んぼの風景を想わせる香りが漂います。
米の旨みを残しつつもきれいな酸と口当たりを感じられるお酒に仕上がっていますので、生酒ではありますが低めの温度で燗をつけると柔らかな味わいが広がります。

商品仕様

原料米 山田錦(自社田栽培)
精米歩合 80%
Alc.度数 16度
製造元 平和酒造(株)/和歌山県海南市

他の写真

  • 【蔵元より 2019年秋】

    自社田での稲作の栽培は今年(2019年)で14年目になります。
    最初は単なる田植えイベントという位置づけでのスタートでしたが、2008年から蔵人による山田錦の栽培に挑戦をしました。
    この30BYは、2018年10月に収穫した自社田栽培の山田錦と、地元・和歌山の農家さんに契約栽培で作って頂いた山田錦とを原料に、あえて米の味をしっかりと出すために低精米歩合(80%)で造りました。
    紀州の風土と蔵人たちの思いを感じて頂ければ幸いに存じます。

Facebookコメント