【飲酒は20歳を過ぎてから】 未成年の飲酒は法律で禁じられております

【氷温熟成生酒】 寿喜心(すきごころ) 雄町 中汲 純米吟醸 直汲み 生 1800ml 【2018BY】

【氷温熟成生酒】 寿喜心(すきごころ) 雄町 中汲 純米吟醸 直汲み 生 1800ml 【2018BY】

販売価格: 3,200円(税別)

(税込価格: 3,520円)

数量:
【酒の神田屋 別誂え】

寿喜心の蔵元が特に自信を持ってお奨めするのがこの「雄町純米吟醸 中汲み」です。
雄町特有の深みのある味わい、柔らかな酸味、心地良い弾力、そして優しい甘み…、これらのエッセンスがバランス良くが融合した抜群の飲み心地を誇る純米吟醸です。

2018BY2本目の仕込みタンクの上槽の際、中汲の部分を直汲した「酒の神田屋」専用酒を氷温(-3度)にて丸一年熟成させました。
立ち香、含み香ともに高めで、ラ・フランスやリンゴを想わせるフルーティーな香りと旨みが口中に広がります!

商品仕様

原料米 備前雄町
精米歩合 55%
酵母 愛媛酵母EK-1
日本酒度 -3
酸 度 1.6
Alc.度数 16.2度
仕込み水 石鎚山伏流水
製造年月日 2019年5月

他の写真

  • 【直汲み(じかぐみ)とは?】

    日本酒の製造工程を簡単に説明すると『麹作り⇒仕込み⇒発酵⇒上槽⇒(濾過処理)⇒瓶詰』となります。
    たいていの場合、上槽したお酒は貯蔵タンクへ一旦戻され、滓挽き(おりびき)などの濾過や火入れなどの処理を施してから瓶詰されます(⇒瓶詰してから火入れ作業を行うことも多いです)。

    その上槽の際に、搾りたてのお酒を貯蔵タンクへ戻すことなくダイレクトに瓶詰めすることを『直汲み』と呼びます。
    ※他に「槽場汲み(ふなばぐみ)」や「ひしゃく汲み」と言う場合もあります。

    上槽を終えた日本酒は空気に触れることで少しずつ酸化が進み、風味も徐々に変化していきますが、『直汲み』されたお酒は「貯蔵タンクへ戻す」作業を省いたことで搾りたての風味を丸ごと瓶詰めされたフレッシュな味わいを楽しむことができます。

    殆ど空気に触れていないことに加え、直接瓶詰めされたことで液体に溶存している炭酸ガスもそのまま封じ込めることになり、そのガスがさらに酸化を防いでくれるので、生酒の新鮮な味わいが長期間続くことにもなるのです。

Facebookコメント