ぶんご銘醸 【屯(たむろ)・香吟のささやき】

ぶんご銘醸は、九州屈指の清流として知られる番匠川のほとりで明治43年に清酒造りを始め、その後昭和59年には本格焼酎の製造を開始しました。
『いかに特徴のある麦焼酎を造るか…』という想いから、今では焼酎造りが柱となっています。

杜氏さん自慢の同蔵の仕込水は、九州屈指の清流として知られる番匠川の伏流水。
地元では“蛍が飲む水”とも呼ばれ、この川の周辺には多い時には何十万匹という蛍が集まり幻想的な美しさを醸し出してくれるそうです。
そんな素晴らしい水で仕込まれた麦焼酎をぜひお試し下さい。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3