首藤酒造/愛媛県 【寿喜心(すきごころ)】

【名峰・石鎚山の麓で受け継がれる銘酒の蔵】

1901年(明治34年)創業という、比較的新しい日本酒蔵の首藤酒造。
西日本の最高峰として知られる霊峰・石鎚山の麓に位置する愛媛県西条市は、四国山地より流れ来る地下水が豊富に蓄えられていて、「うちぬき」という水道管を地面に差し込むだけで水が湧き出るというくらい水が豊富な地域です。

『めでたい席で大いに酒を酌み交わしてもらいたい』との願いを込めて初代が命名した「#寿喜心 」は、『肴無しで飲める酒』をコンセプトに、杜氏を置かずに家族だけで造られています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8