白菊酒造/岡山県 【大典白菊】

岡山県高梁(たかはし)市において明治19年に創業されたメーカーさんです。
酒銘の「白菊」は日本を代表する秋の花である白菊をそのまま使用し、昭和初期の全国清酒品評会で優等賞を受賞した記念として冠銘の「大典」を付し、「大典白菊」と命名したそうです。

岡山県は瀬戸内の穏やかな気候により古くから稲作が行われ、瀬戸の海の幸、吉備高原の山の幸に恵まれた好条件が、人が住み暮らせる快適な場所として栄えてきました。
この気候風土に育まれた土地の酒は口当たりが柔らかく、お米の旨味や甘味がしっかりとした「旨口」と言われるお酒が好まれてきました。
白菊酒造のお酒は全般的には伝統的な旨口の味わいを大切にしながら、バランスが良く、キレの良さを持ったタイプです。

「備前雄町」や「朝日」などの地元産の酒米を中心に、自社で復活させた独自の酒米や無農薬の酒米など、原料米には特にこだわりをみせ、近年では全国新酒鑑評会において4年連続で金賞を受賞するなど、備中杜氏・三宅祐治氏がその技を存分に発揮しております。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

13