藤本酒造/滋賀県 【神開】

「神開」の蔵元である藤本酒造は滋賀県と三重県との県境、甲賀忍者の里として知られる甲賀市水口町に所在する江戸時代中期の明和年間(1763年)創業の老舗蔵です。
近くには鈴鹿国定公園を源流として琵琶湖へそそぐ野州川(やすがわ)が流れ、この国定公園から湧き出る地下水を仕込水に使用しています。

「神開」の酒名は、創業者が当地にある山村神社の神託により井戸を掘ったところ良質の水が湧き出て、この水を酒造りに使用したことに由来します。
この湧き水(中硬水)がフルボディタイプの厚みのある酒質を生み出しています。

製造石数はわずか250石ほどの小さな小さな無名の酒蔵ですが、藤本信行社長自らが蔵元杜氏として腕を奮っています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8