千代酒造/奈良県 【篠峯(しのみね)・櫛羅(くじら)】

「篠峯」「櫛羅」を輩する千代酒造は、奈良盆地の西方、大阪府との境に聳える金剛・葛城山系の麓の奈良県御所(ごせ)市に所在する小規模蔵です。
葛城山から流れ出る伏流水を仕込水として使用し、『食とともにあるお酒』を目指し、時間と手間をかけて、風土を醸した酒造りを心掛けています。

全国新酒鑑評会では7年連続(平成16年〜23年)を含む計15回もの金賞受賞歴を誇る確かな技術を持つ実力蔵で、その名声は関西のみならず東京市場を中心とした関東地方にも広がっています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

13