【飲酒は20歳を過ぎてから】 未成年の飲酒は法律で禁じられております

葛城酒造/奈良県 【百楽門(ひゃくらくもん)】

葛城酒造株式会社
「百楽門」の製造元である葛城酒造は明治20年(1887年)の創業。
大阪府と奈良県との境に聳える金剛山と葛城山の東麓に蔵はあります。
この一帯は地面を100Mほど掘ると、金剛山と葛城山にしみ込んだ雨水が長い年月をかけて自然に濾過された、ミネラル分豊かな中硬水の地下水を汲み上げることができます。

葛城酒造の自慢の一つに『真精精米』があります。
新中野工業(株)製の最新鋭精米機には粒選別機を設置してあり、ベテランの精米工が細心の注意を払い整粒のみの白米を使用しています。
例えば、精米歩合50%と表示してあっても実際には52〜53%と数パーセントの狂いがあることも他のメーカーでは決して珍しいことではありませんが、葛城酒造のお酒は殆ど狂いのない『真精精米』です。

造りに関しては、例えば麹造り一つにしても昔からの蓋麹で行い、必要なことには手間暇を惜しまず全て手作業で行なっています。
上槽後も活性炭は一切使用せず、原酒をそのまま無濾過で火入れで瓶詰し、盛夏でも涼しい蔵内で貯蔵・熟成しており、「百楽門」銘柄の特定名称酒は0℃で一年以上貯蔵して出荷する体制をとっています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5

  • 百楽門 冴 (さえ) 超辛口純米 火入れ 1800ml 【2018BY】

    百楽門 冴 (さえ) 超辛口純米 火入れ 1800ml 【2018BY】

    2,600円

    (税込価格: 2,860円)

    神田屋取扱いの日本酒の中では最も日本酒度が高い辛口純米酒。 9号系の中でも辛口傾向の酵母を使用したこともあって、29BYでは+13まで切れました! とは言え、単なる辛口酒のようにキリキリ辛いといっ…

  • 百楽門 冴 (さえ) 超辛口純米 火入れ 720ml 【2019BY】

    百楽門 冴 (さえ) 超辛口純米 火入れ 720ml 【2019BY】

    1,300円

    (税込価格: 1,430円)

    神田屋取扱いの日本酒の中では最も日本酒度が高い辛口純米酒。 9号系の中でも辛口傾向の酵母を使用したこともあって、29BYでは+13まで切れました! とは言え、単なる辛口酒のようにキリキリ辛いといっ…

  • 百楽門 裏冴 (うらさえ) 超辛口 火入れ 1800ml 【2019BY】

    百楽門 裏冴 (うらさえ) 超辛口 火入れ 1800ml 【2019BY】

    2,273円

    (税込価格: 2,500円)

    「百楽門」の人気酒の一つである「冴」の裏バージョンです。 例年は岡山県産の雄町(等外米)を100%使用した純米酒(区分は「普通酒」扱い)なんですが、今年は何と何と、雄町50の純米大吟醸と雄町60の純…

  • 百楽門 雄町50 純米大吟醸 ひやおろし 1800ml【2019BY】

    百楽門 雄町50 純米大吟醸 ひやおろし 1800ml【2019BY】

    3,500円

    (税込価格: 3,850円)

    「百楽門」の秋の定番酒「純米大吟醸 ひやおろし」です。 看板酒である「雄町50 純米大吟醸」の原酒を無濾過のままで火入れ処理した後に瓶詰めし、蔵内の最も冷涼な環境下にて常温で貯蔵・熟成させました。 …

  • 百楽門 雄町50 純米大吟醸 中汲 無濾過・生・原酒 720ml 【2019BY】

    百楽門 雄町50 純米大吟醸 中汲 無濾過・生・原酒 720ml 【2019BY】

    1,700円

    (税込価格: 1,870円)

    「百楽門」の葛城酒造の春の季節限定酒「純米大吟醸(中汲)生、原酒」です。 岡山県産の酒造好適米「備前雄町」を100%使用し、搾られたお酒の中汲みの部分、つまり最も美味しい部分だけを「エエとこ取り」し…