風の森 ALPHA type-4 無濾過・無加水・生酒 720ml

風の森 ALPHA type-4 無濾過・無加水・生酒 720ml

販売価格: 5,000円(税別)

(税込価格: 5,500円)

原料米は、極限の22%になるまで精米した契約栽培の秋津穂(アキツホ)を使用。
笊籬採り(イカキドリ)を超える画期的な『氷結採り』(R)という手法で採取し、瓶詰された無濾過の生原酒です。
抜群の透明感の中にキラリと光る気品溢れる吟醸香、口中の隅々にまで染み渡る綺麗で優しい旨味とコク・・・。
今、新しい時代を迎えた日本酒業界の“新たなる希望”と呼ぶに相応しい、「風の森」史上最高のクオリティーを誇る超絶の純米大吟醸です。

商品仕様

原料米 奈良県産・アキツホ100%
精米歩合 22%
酵母 協会7号
日本酒度 - - - - -
酸 度 - - - - -
アミノ酸度 - - - - -
Alc.度数 16度
仕込み水 金剛葛城山系深層地下湧水(硬度214mg/L=硬水)
モロミ日数 32日

他の写真

  • ※メーカーHPより

    ◇氷結採りⓇとは

    独自開発の革新的な日本酒分離技術。
    発酵タンク以外のいかなる装置(搾り機、遠心分離機、濾布など)も使用せず、無酸素無加圧状態で、モロミから日本酒を分離することに成功しました。
    これは奈良・菩提山正暦寺における日本清酒発祥以来500余年で初の試みとなるものです。

    これにより、日本酒を搾る工程でモロミが接触していた酸素や濾布、金属、樹脂などと一切接触する事が無くなりました。
    その為、「氷結採りⓇ」によって分離されたお酒は、モロミの液体部分と全く同一のものとなり、圧倒的な透明感で、まさに無垢にして上質な日本酒を味わう事ができるのです。

    ◇氷結採りⓇのメカニズム

    独自設計の発酵タンク内(無酸素状態)で、微生物の働きをコントロールし モロミの固体と液体部分との比重差を利用し分離します。
    これを「Sleep Separation製法」と名付けました。
    タンク内で、モロミ比重が重い部分は底に沈殿し、比重が軽い部分は上澄みとなり、これが日本酒となるわけです。

Facebookコメント