【飲酒は20歳を過ぎてから】 未成年の飲酒は法律で禁じられております

ドメーヌ・コーセイ 片丘メルロ 2020 750ml (限定276本)

ドメーヌ・コーセイ 片丘メルロ 2020 750ml (限定276本)

販売価格: 6,000円(税別)

(税込: 6,600円)

数量:
Domaine KOSEI(ドメーヌ・コーセイ)は、国産ワインの名作「桔梗ヶ原メルロー」を生んだシャトー・メルシャンで醸造責任者として活躍した日本屈指の醸造家・味村興成氏が代表を務め、信州・桔梗ヶ原ワインバレーの片丘地区においてメルロ種を育ててワインを造る新しいワイナリーです。
「プリムール」と呼ばれる、樽で育成中のワインを先物買いするというフランスのボルドー地区のスタイルの購入方法を取り入れています。

この「片丘メルロ 2020」は、2021年6月に行われた「Domaine KOSEI」のプリムールセール(※)に参加した企業8社の内の1社様よりご案内を頂きました。
現時点(12月上旬)の予定では、入荷数の一部を弊店にて貯蔵・熟成させてみようかとも考えております。

※「プリムールセール」とは、樽で熟成中のワインを一部先行販売するボルドー独自の販売システムのこと。

☆弊店ソムリエのテイスティング・コメント

深みのある紫がかったガーネットやダークチェリーレッドなどの色合い。
やや軽い粘性を持つ、若々しい印象の外観。
すみれやラズベリー、イチゴのような赤いベリー系の非常にキュートな香りとともに、若干スモーキーな香りも楽しめます。
口当たりはソフトで軽快。
官能的な甘いフルーツの食感に加え、円やかなタンニンとほのかな苦みを感じます。
全体的にはスマートなバランスを持つミディアムタイプのメルローです。

商品仕様

Alc.度数 12度
原料 メルロ 100% (長野県塩尻市片丘地区・垣根栽培 )
特 徴 ミディアムボディ
製造元 Domaine KOSEI
熟成 フレンチオーク(タランソー) 新樽育成:8ヶ月

他の写真

  • ◇圃場のこだわり

    ・所在地 : 長野県塩尻市片丘(標高:約700m)
    ・総面積 : 10ha
    ・仕立て : 垣根仕立て
    ・栽培品種 : メルロ
    ・生産本数: 30,000本
  • 「Domaine KOSEI」代表者:味村興成氏

    1957年、山口県岩国市生まれ。
    メルシャン株式会社に就職後、会社から派遣されてフランスのボルドー大学へ留学中の1989年に「桔梗ヶ原メルロー'85」がスロヴェニア(旧ユーゴスラビア)の首都リュブリアーナで開かれた国際ワインコンクールにて大金賞を受賞。
    その後、現地フランスにおけるワイン関係の著名人やメディアへの働きかけが功を奏し、「桔梗ヶ原メルロー」は世界的に認められていきました。
    今や日本を代表するワイン醸造家として知られる同氏が、メルシャンを退社後に自らの名を冠したワイナリーにおいて、信州・桔梗ヶ原ワインバレーの片丘地区産のメルローだけで醸造したのが「Domaine KOSEI」のワインです。

Facebookコメント