【飲酒は20歳を過ぎてから】 未成年の飲酒は法律で禁じられております

雪彦山 播磨古今 純米吟醸 1800ml

雪彦山 播磨古今 純米吟醸 1800ml

販売価格: 3,000円(税別)

(税込: 3,300円)

原料米には兵庫県夢前町産の「愛山」を全量使用。
麹は「幻の麹菌」と呼ばれている「庭田麹」(※)、そして酵母も播磨(=兵庫県南西部)産というオール播磨の日本酒です。
播磨の若手農家集団「農家HANDS(ハンズ)」と壺坂酒造がタッグを組み、ご飯が美味しくなるお酒を目指し醸しております。

口に含んだ瞬間に鮮やかでさっぱりとした甘い酸味が広がり、ス〜ッと消えていきます。
もちろん「愛山」原料らしい、しっかりしたコクも感じられます。
よく冷やすか、或いは逆に温めてお召し上がり頂きたい不思議な日本酒です。


※庭田麹について

兵庫県宍粟市に所在する庭田神社。
現存する風土記の中で日本酒について最古の記述がある「播磨国風土記」の一節に、庭田神社で初めて「かび=麹」を使用した「庭酒」を作り、神様に献上したことを意味する記述が残されているとのことです。
この「播磨古今」は庭田神社より採取された天然の麹菌を培養したものを使用しております。

※詳細はコチラ(↓)にアクセスしてみて下さい
https://www.nishiharima.jp/spot/2110

商品仕様

原料米 兵庫県産 愛山
精米歩合 60%
製造元 壺阪酒造(株)/兵庫県姫路市

他の写真

  • 『播磨国風土記』によると、大国主命(別名:伊和大神 いわのおおかみ)が食料の乾飯(ほしいい)を川に浸して柔らかくなるのを待っているとカビが生え、この飯から酒を醸造させたという伝承が残っています。
    その霊跡を称えて奉ったのがこの庭田神社であり、近くの「ぬくゐ川」が日本で初めて酒を造った場所といわれています。

Facebookコメント